<< あまり変わらないノズル直径はどうなの? | main | どこまでが3Dプリンタ? >>


2015.05.19 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



2014.05.13 Tuesday

3DプリンタでFRP積層型を制作

JUGEMテーマ:3Dプリンタ
このタンクガードは、iphoneで操作できるrover spytank(eyetank)のキャタピラの保護用でカーボンで製作しました。
タンク1

横から見て前後が対称のようで対象ではないので左右対称の型で制作できるようにしています。

FRP積層型のシェーディング画像
タンク2

サイズが3Dプリンタのビルドエリアより大きいため半分づつ出力しています。

このときはプリントベッドへの食いつきが悪く出力物がかなり反ってしまいました。

PLAで出力後に接着、ポリエステルコーティング、仕上げをしています。

上記画像はポリエステルの主剤と硬化剤のセットですがこれにトナーで着色してハケで2、3回ハケ塗りして硬化後にペーパー仕上げしています。

ポリエステル樹脂は主にインパラフィンとノンパラフィンタイプで販売されている場合が多いですが、インパラタイプで硬化する前に塗り重ねる感じで作業しています。(本来ノンパラ後、インパラタイプの順ですがインパラ樹脂しかなかったので)

ポリエステルコーティングとの相性は無理やりはがすとはがれる程度ですが、コーティング後に仕上げて、PVAで離型処理したあと、panel反転しました。(PVA-ポリビニールアルコール(離型剤です。))

趣味の範囲での話ですが、シンプルな形状でPVAで離型処理すれば型の精度は別として問題なく複数回使用で
きそうです。




 


2015.05.19 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
facebook
FO-D craft original

Facebookページも宣伝
Categories
            
DMM 3D Print Shop
dmm 3d print shop
My Associate Store
Profile
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Links
blog ranking

人気ブログランキングへ
blogmura
にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM
PR